What's NUTEC

エンジニアに支持されるレース界の新風

F1.CART.のトップチーム、2輪のWGP.WSBのワークスマシンをはじめ欧州、アメリカのレースに、レース用の燃料.オイル.添加剤などを供給し好結果を残しているNUTECはフランスのオイルメーカーレース部門のゼネラルマネージャーと数人のエンジニアが独立し創設したオイルメーカーで研究開発には日本の自動車メーカーでGr-C.GTレースカー等のチーフエンジニアを務めたエンジニアが加わり大きなオイルメーカーでは実現しにくい化学テクノロジーとメカニカルテクノロジーのベストコンビネーションを駆使し多くの実戦テストと、きめの細かいフォローを繰り返し製品の開発を実施しています。
2000年WGPにおいてはSUZUKIのKeny Robertsをはじめ各カテゴリーのシリーズチャンピオンマシンにガソリン、オイルを供給。
1999、2000年マカオGP、韓国GPのオフィシャルサプライャ-。
F1.CART.F-Nippon.InterF3.N-GT.N1耐久.ワンメークレース等にエンジンオイル.ギアオイルを供給し、多大な支持を得ています。

テクノロジー&エンジニアリング、常に車上をみすえた開発

ニューテックは「レースシーンやストリートでより実戦的に、より実用的に」を開発コンセプトとしています。これはラボでの机上論ではなくサーキットやストリートにおいてメカニックとの綿密な意見交換・実車試験によって開発が進められているということで、これは以外にも通常オイルメーカーには難しいことなのです。
具体的にはあらゆるエンジンの持っているポテンシャルのすべてを引き出すこと、つまり燃焼・運動のための良い環境を作り、とりだしたエネルギーをなるべく 熱に変えずに出力することによってドライバビリティの向上やエンジン・駆動系の長寿命化を目標にしています。
この目標を達成するには潤滑、シール性、清浄のレベルの高いバランスが必要です。
例えば、低フリクション化を押し進めるだけでなくシール性も高めなければ良い燃焼は得られません。
燃焼が良くてもメカニカルロスが多ければ発熱や磨耗を押さえられません。ガソリン/ディーゼルエンジンである以上清浄性能も無視できません。またすべてのオイル性能は実車上で発揮出来なければなりません。現実の使用環境はラボよりも過酷な場合が多いのです。
このような要求性能を満たすため、コストにとらわれない素材の選定・複雑な製造工程などを実施し、普通のオイルメーカーでは困難ともいえる実際の使用環境においての「より実戦的でより実用的な」開発を続けているのです。

本社// LONDON ENGLAND
生産設備// HOLLAND, USA.
関連会社// USA : NUTEC DIVISION AMERICA(LosAngeles)
      // Europe  : NUTEC DIVISION UK and CALEST in FRANCE
       // Japan   : NUTEC Japan CO.,LTD
      // Australia : NUTEC DIVISION AUSTRALIA

Racing support (major championship)

■ MOTORCYCLE : WGP (500/250/125). WSB
■ FOMULA : F1 GRAND PRIX. CART. International F3.
  MACAU GP (Offcial supplier). FOMULA NIPPON.
■ TOURINGCAR : NASCAR. DTM